青い海のレジャー|インドアゴルフ練習場に導入されている機械

インドアゴルフ練習場に導入されている機械

青い海のレジャー

ダイビング

青い海の中で、色とりどりの魚やサンゴを観賞しながら楽しむスキューバダイビングは、慣れてしまうと体力をほとんど使うことがないため、若い人だけでなく、シニア層にも人気が上昇しているレジャーです。 スキューバダイビングは信頼性が高くて、使い勝手がよくわかっている自分の器材を使用して楽しんだ方がより楽しむことができます。しかし、重くて大きい器材を持ち運びながらダイビングツアーに参加するのは、重いだけでなく、行動も妨げてしまいます。そこで沖縄県にダイビングツアーに行くときは前もって、ダイビング器材を配送してしまうと飛行機への預け荷物もなく移動がとても楽になります。海外へのダイビングツアーに参加する時には、配送日数が確定できないことや税関を通さなければならなかったりで気軽に送ることはできませんが、日本の沖縄へのダイビングツアーであれば運送料も低額で、2〜3日で送ることができます。

沖縄は多くの島々がありますが、そのほとんどの島々でスキューバダイビングが盛んです。ダイビングツアーの相場は大きく分けると沖縄本島と、本島以外の離島へのツアーに分かれます。 沖縄本島へのダイビングツアーは日本各地から多くの便が運行していたり、数多くの旅行会社がダイビングツアーを企画しているだけあって、相場はかなり低額です。一時期は沖縄よりも近場の海外へのツアーの方が安いと言われていましたが、沖縄本島であれば2泊3日で2ボートダイブでは飛行機とホテルとダイビングフィーで4万円代からあります。週末を絡めたツアーや夏休み時期はやや高額になる傾向があります。 一方、沖縄本島以外へのダイビングツアーは飛行機の便数が少ないことで航空券が高くなってしまうことから、同じ日程で同じ内容の沖縄本島へのツアーと比較すると2万円から3万円は値段があがります。離島の中でも沖縄本島から近い慶良間諸島や日本各地から直行便の飛んでいる宮古島や石垣島へのツアーは他離島よりは安い傾向があります。